Products TORQUER Series トルカーシリーズ

Outline

ゆるみ対策・コストダウン・軽量化
あらゆる場面でトルカーシリーズが有効です

Tips

ボルトのサイズアップと本数増加は、
ゆるみ対策として十分ではありません。

緩みの原因は締め付け軸力の不足ですが、適切かつ同一の締め付けトルクでボルトを締め付けていても、緩みが発生することがあります。これは摩擦係数のばらつきによるもので、適切なトルクで締め付けていても、摩擦係数がばらつくと、必要な締め付け軸力が発揮できないボルトが出てきます。

ゆるみ対策には、摩擦係数を安定させ、
適切な締め付け軸力を発揮させることが最も効果的です。

Point01締め付け軸力安定で
ゆるみを防止

摩擦係数が安定していると、同一締め付けトルクで締め付けた場合にすべてのボルトでバラツキの無い安定した締め付け軸力を得ることができます。

Point02摩擦係数の安定化

トルカーシリーズを塗布することで、摩擦係数のバラツキが小さくなり安定します。必要に応じ摩擦係数を選べる3種のラインナップをご用意しております。

Stabilize
frictions

Point03ボルト性能を無駄なく活用

締め付けトルクを20N・mとした場合、M8×1.25ボルト(強度区分6.8)では、無潤滑のボルトでは締め付け軸力を7KNしか得られません。それに対し、ネオトルカーを塗布した場合、17KNの締め付け軸力を得ることができます。
このように、トルカーシリーズはボルトの性能を最大限に引き出すことが可能です。

Reduce
frictions

Point04もうボルトの大型化
本数増加は必要ありません

これまでは、必要な締め付け軸力を得るためには、ボルトのサイズアップや本数を増やすことが必要でした。トルカーシリーズを活用することで、より多くの締め付け軸力を得ることができます。それにより、ボルトのサイズダウンや本数削減が可能となり、コストダウン・軽量化が実現できます。

Bolt weight reduction